バイナリーオプションは趣味?仕事?

カテゴリー


*スキャルピング
スキャルピングが得意とするのはレンジ相場ですので、おおよそ得意な時間帯というものがあります。それは、特に大きなトレンドが発生していない時の、世界各地の市場の主要取引時間です。朝9時から11時までの東京時間、夕方のロンドン時間、そして夜9時以降のニューヨーク時間がスキャルピングには適しているでしょう。

ただし、夜のアメリカ時間には為替相場に大きな影響を与えるアメリカの指標発表が予定されている場合があります。指標発表があるときは、うかつに手は出さないようにしましょう。

ピンポイントで取引タイミングを掴む攻略3パターン

fks77 バイナリーオプションの必勝ブログ「ローソク足」を使ったバイナリー攻略の勘所

「ハイロー型」の短期取引においては、ラインチャートよりローソク足のほうが重要です。ローソク足なら「ハイとローの勢いの変動」をチェックできますので「ハイロー型」の判断材料としてより貴重なのです。

注目すべきポイントは、取引時刻の示す「引き間際の動き」です。5分足チャートなら残り時間の2分前を指します。それから「レートが変動しはじめる時間帯」に時間足チャートをチェックして、ローソク足の形成される様子を見守りましょう。

どうして形成される様子を見守る必要があるのか?

ローソク足の原理上、上昇と下降の変動を解読することが判断材料に寄与するのです。以上を踏まえた上で、ハイロー型の攻略3パターンを詳述しましょう。

 連続した陽線でスタート

陽線が連続した後、取引開始時点で前の足の高値を上回り、その勢いのまま上昇を続け、突然の変動の直後に反転を見せ、終了時点では前の足の安値を下回る。こういう場合は、足の高値が当分のあいだ天井となる確率が高いので、「ロー」を予想する選択になります。

終値の範囲でのもみ合いから一転して急上昇

終値の範囲でのもみ合いが続いた後、大きな動きを見せなかったレートが一転して前後から上昇を見せ、終了時点では前の足の高値を上回って引ける。こういう場合は、ローソク足の実体の長さが前の足を大幅に上回っていないかぎり、引き間際の「ハイ」を予想する選択になります。

ローソク足の実体が前の足より大幅に長い場合は、次の足から2~3本の足が調整として出る可能性が高く、逆に「ロー」を予想する選択になります。

突然の変動で上昇後にもみ合い

こういう場合は上昇と下降の展開は同じなので予想がむずかしくなりますが、下降している場合は「ハイ」が予想できます。次の足で1本様子見に徹し、下げ渋る場合は、その次の足で「ハイ」を予想する選択になります。ハイローで有名になった業者で ハイローオーストラリアがあります。独自のスプレッドハイローを展開しており、ハイローオーストラリアの評判は高くなってきています。