バイナリーオプションは趣味?仕事?

カテゴリー


*スキャルピング
スキャルピングが得意とするのはレンジ相場ですので、おおよそ得意な時間帯というものがあります。それは、特に大きなトレンドが発生していない時の、世界各地の市場の主要取引時間です。朝9時から11時までの東京時間、夕方のロンドン時間、そして夜9時以降のニューヨーク時間がスキャルピングには適しているでしょう。

ただし、夜のアメリカ時間には為替相場に大きな影響を与えるアメリカの指標発表が予定されている場合があります。指標発表があるときは、うかつに手は出さないようにしましょう。

バイナリーオプションならルールが簡単

fs77 今までのFXでは新規注文や決済注文、利益確定注文や損切注文を出すタイミングを計るのが難しいものがありました。IFD注文やOCO注文といった分かり難い注文方法も使いこなせないとならず、初心者には敷居が高かったです。

そんなときでもバイナリーオプションならルールが単純なので初心者でも簡単に取引することが出来ます。バイナリーオプションにはハイロー型、ワンタッチ型、レンジ型と大まかに分けて3種類のオプションがあります。ハイロー型は為替レートが上がるか下がるかどちらか予測するだけです。

上がると予測したらコール、下がると予測したらプットのポジションを取り、判定時刻が来るまで待ちます。判定時刻に予測通りに為替レートが動いていれば的中し、ペイアウト(払戻金)を受け取れる権利を得られます。残念ながら不的中となった場合は購入金額は没収となります。

ワンタッチ型にはタッチとノータッチの2種類があり、タッチは判定時刻までに目標レートに到達すると予測したとき、ノータッチは判定時刻までに目標レートに到達しないと予測したときに選びます。到達したあとはどの方向に為替レートが動いてしまっても良いので的中しやいのがメリットです。

レンジ型にはインとアウトの2種類があり、インは現在の為替レートと目標レートの範囲で収まると予測したとき、アウトは為替レートと目標レートの範囲外になると予測したときに選びます。今までのFXでは小動き相場ではスプレッド負けしてしまう事がありましたが、インならそんな相場でも利益を上げやすいのがメリットです。

その代わりに目標レートを超えてしまうと外れになってしまいます。逆にアウトは相場の値動きが荒いときに利益を上げやすいです。米国の雇用統計など重要な経済指標が発表されるときに狙う事がよくあります。

バイナリーオプションにはこのように相場の種類に応じてオプションを使い分けする戦略を用いることが可能です。バイナリーオプション業者によって受け取れ るペイアウトは購入金額にペイアウト倍率をかける場合と、ペイアウトが1000円固定で購入金額が相場状況に応じて変わる場合があります。

取扱オプションもハイロー型だけだったり、3種類すべて取り扱っていたり、取り扱い通貨ペアが多かったり少なかったり、バイナリーオプション業者によって異なります。

どのバイナリーオプション業者がいいか迷ったら>>とくにハイローオーストラリアでは口座開設する前にワンクリックですぐにデモ取引が出来る場合がありますので、取引プラットフォームの使い勝手などを試してみるといいです。